flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

ソードアート・オンラインII 第11話「強さの意味」

脚本:中本宗応セブンデイズウォー) 絵コンテ:佐藤広雪 演出:高橋大輔 作画監督:明珍宇作

デス・ガンから逃れた砂漠地帯の洞窟で、キリトはデス・ガンがバーチャルとリアルの二手に分かれて犯行に及んだのではと推理する。同時に、リアルな自身に危険が及んでいることを知ったシノンは、キリトとの一蓮托生を志願する。
デス・ガンは二人いるという推理については、GGOでの銃撃で心臓を止めることができないというロジックからしてさもありなんといった感じ。それよりも、シノンがすっかりキリトへの依存を隠さないようになっていて、これまでの丁寧な心理描写からもしごく自然な展開なのだけど、こうなるとALOから観戦しているアスナにハラハラしてしまうという(苦笑)。クリスハイトに詰め寄る彼女の視線の向こうにキリトがいるようで。個人的には、変に修羅場にすることなくキリトもアスナシノンとの一件をそれぞれの胸の内に秘めておく、という展開を所望したい。いずれにせよ、シノンにとっては悲恋になってしまいそうだが、これまでもリーファとの一件があったことだし。
★★☆