flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

白銀の意思 アルジェヴォルン 12「ナンジョウ・レイカ」

脚本:ヤスカワショウゴ 絵コンテ:北川侑弥 演出:うえだしげる キャラクター作画監督:服部一郎、平馬浩司、坂本ひろみ、藤原奈津子 メカ作画監督:松村拓哉

サモンジとスズシロによる、トキムネの亡き姉、ナンジョウ・レイカの回想編。
トキムネにとっての姉というよりは、そのレイカを触媒役として、寡黙なサモンジと同じく多くを語らないスズシロの人となりを浮かび上がらせることで現在の二人を補強する意味合いが濃いエピソード。若者たちと大人たちのドラマを並走させる本シリーズらしさを感じたものの、あっさりと改心した(ように見える)トキムネにはいささか期待外れ。上官をぶん殴るという重い行為に見合ったドラマは、これからの彼ら次第といったところか。具体的には、人を殺めずに戦争するというレイカの理想を、トキムネあるいはサモンジがどう受け止めどう発展させていくのか。
★★☆