flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

ヤマノススメ セカンドシーズン 新十二合目「Dear My Friend」

脚本:ふでやすかずゆき 絵コンテ:吉田泰三 演出:京極義昭 作画監督:岩崎将大

富士山から帰ったはいいものの、あおいは何事にも身が入らなくなりひなたとも気まずくなってしまう。そんな時、富士山頂から投函されたあおいとここなの手紙が届き……。
これまでの自身をリセットしようとするかのように刺繍を再開したあおいが、二人からの手紙をきっかけに思い出の天覧山を単独行する。初めての天覧山山行をトレースするようなトカゲのカットや回想に加えて、1期シリーズED曲『スタッカート・デイズ』の劇中使用もあいまって、あおいにとってもシリーズにとっても原点回帰を果たしたようなエピソード。だからこそ、登山道の二股で通ったことのないほうを選んだささやかな冒険心に、少しだけステップアップした彼女が感じられる。
初心者のあおいにとって富士山はハードルが高すぎ、登頂を果たせなかったからといって落ち込む必要はない。しかしながら、そのことに本人が気づいた上で、それでも登山が好きだという境地に至らなければ、彼女の再出発はかなわない。北アルプスを単独で縦走するかえでに天覧山を“初”単独で登る姿を重ねることで、山の魅力にとりつかれたあおいの内面をナチュラルに伝える。いつも四人でべったりすることなく、それぞれが山に向き合う姿がいい。登山者特有の行動や心理をよく拾っているなと感心しきり。
★★★★