flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

進撃の巨人 #3.5「イルゼの手帳 ―ある調査兵団員の手記―」

原作未読。原作単行本12巻限定盤に同梱されたOVAが TBS系地上波でオンエア。初見。

脚本:瀬古浩司 絵コンテ:笹嶋啓一 演出:山田弘和 作画監督:胡拓磨、富田恵美、佐藤陽子、加藤美穂、山本祐子、佐藤道雄

テレビシリーズの前日譚としての位置づけ。第三十四回壁外調査に参加したイルゼ・ラングナーが残した手記を、ハンジ・ゾエの視点て読み解くプロット。
まがまがしい脅威でしかない巨人なる存在に、知的好奇心でもって挑もうとしたイルゼとハンジを重ねてみせる。それは、思考を持たないとされる巨人に対する人類ならではのカウンターというべきもの。ゆえに、イルゼに平伏するという驚愕の行動を見せた巨人に、彼らの正体のみならず人類とのただならぬ関係性が立ちのぼる。もっとも、劇中でハンジが示唆したような知的好奇心における性差はないものと思いたい。いまひとつ苦手なリヴァイの部下思いな一面が拝めたのはよかった。
★★★☆