flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

(新)TERRAFORMARS(テラフォーマーズ) 01「SYMPTOM 変異」

原作漫画未読。同時進行のOVAシリーズも未視聴。

スタッフ

原作:貴家悠橘賢一集英社週刊ヤングジャンプ」連載) 監督:浜崎博嗣 シリーズ構成:ヤスカワショウゴ メインキャラクターデザイン:筱雅律 キャラクターデザイン:木村智 助監督:尾崎隆晴 メカデザイン:相馬洋、新妻大輔 プロップデザイン:新妻大輔 色彩設計:堀川佳典 美術監督:春日美波 美術設定:成田偉保、小倉奈緒美、尾崎隆晴 背景:草磲(KUSANAGI)、NAM HAI ART 背景制作:平田浩章 3DCGモデル・3DCGI:相馬洋 3DCGI:ラークスエンタテインメント 撮影監督:石塚恵子 撮影:サンジゲン グラフィックデザイン:渡部岳(metamo) 2Dモニター:藤澤友里、北川順子 編集:長谷川舞 編集スタジオ:エディッツ VTR編集:IMAGICA、永芳信裕 音響監督・音響調整:山口貴之 音響効果:小山恭正 音響制作:神南スタジオ 音楽:村井秀清 音楽プロデューサー:岡田こずえ 音楽制作:アーティスト・マネージメント・オフィス アニメーションプロデューサー:里見哲朗土田大亮 アニメーション制作:ライデンフィルム 

キャスト

膝丸燈:細谷佳正 小町小吉:木内秀信 ミッシェル・K・デイヴス:伊藤静 マルコス・E・ガルシア:石川界人 アレックス・K・スチュワート:KENN シーラ・レヴィット:茅野愛衣 鬼塚慶次:小野大輔 三条加奈子:たかはし智秋 柳瀬川八恵子:豊崎愛生 シルヴェスター・アシモフ石塚運昇 イワン・ペレペルキナ赤羽根健治 エレナ・ペレペルキナ朴ロ美 リュウ・イーウ:小村哲生 エヴァ・フロスト:佐倉綾音 ジョセフ:石田彰 アドルフ・ラインハルト:遊佐浩二 本多晃:家中宏 蛭間一郎:杉田智和 蛭間七星:森川智之 源百合子:戸松遥 ナレーション:石井康嗣 

脚本:ヤスカワショウゴ 絵コンテ:おざわかずひろ、浜崎博嗣 演出:おざわかずひろ 作画監督:吉田伊久雄、八木元喜、栗原基彦

致死率100%というAEウイルスの脅威にさいなまれる人類。培養できないウイルスのワクチン製造のため発生源である火星に行く必要があるが、そこでは人類が持ち込んだゴキブリが突然変異した「テラフォーマー」が猛威を振るっていて……。
漫画原作らしく分かりやすいイントロダクションはありがたかったが、脚本にせよ演出にせよやや説明口調が過ぎた気もする。グロテスクな描写の規制が酷くて、趣をそがれてしまったことが作用しているかもしれない。未知の生物と死闘を繰り広げる人類という基本設定には『シドニアの騎士』を思い出すけど、さて、生身による近接格闘がメインとなりそうな本シリーズにはさらなるカタルシスを求めてしまいそうだ。何にしても、人体改造を受けた主人公たちの属性にふさわしい壮絶感を演出できるかがポイント。
春期の『極黒のブリュンヒルデ』、夏期の『東京喰種トーキョーグール』に続く、「ヤンジャン」原作のバイオレンス異能力バトルもの三部作といったところか。それぞれ手触りがまったく異なっているのが面白い。
★★☆