flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

東京ESP 総感

初回におけるシャープなバイオレンスアクションに期待させられたものの、2話以降は作画演出面におけるクオリティの低下が著しく、その切れ味は鈍っていくばかりだった。市民の救世主たる「白い少女」の誕生秘話というストーリーラインも、彼女を支える京太郎とライバルとなる美奈実それぞれの関係性に陰影が乏しかったせいで、それぞれのシチュエーションに見合ったドラマが感じられずじまい。中盤の修行シークエンスも気の抜けたような仕上がりで、強くなっていくリンカが体感できなかった。また、個人的な恨みで人類に腹いせするような教授の人物造形も知的な物腰とは裏腹に安っぽく、彼のバックに存在していた勢力の土壇場での介入も茶番感を強くする。これ、クオリティ面で振るっておれば面白く見られたのだろうか?と想像してみるが、やはりキャラクター、ストーリー面においても凡庸だったと言わざるを得ない。せめて、リンカのひたむきさが縦軸になるほどの存在感を見せてくれれば。
不満タラタラでも最後まで完走できたのは、管理人が漫画原作のバイオレンスな異能力バトルものを好むからで、他ジャンルだったらとっくに脱落していただろうと思う。そういう意味では縁があったと言えなくもないけれど。