flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

結城友奈は勇者である 第二話「ろうたけたる思い」

脚本:タカヒロ 絵コンテ・演出:平井義通 作画監督:崎本さゆり、櫻井司

「勇者部」は、世界を守るための組織、「大赦(たいしゃ)」から派遣された風が、世界を脅かす「バーテックス」を倒すことができる「勇者」の適性を持った少女たちを選抜した集まりだった。
今回のメインは、自身のコンプレックスへの矛先を「勇者」のことを隠していた風に向けた東郷の内面。その境遇もあいまってなかなかデリケートなテーマだったように思うけど、拙速に片付けることなく2話目に持ち越したおかげで据わりがいいものになっていた。4人のメンバーそれぞれが得意技でもってバーテックスを1体ずつ倒した展開もキリがよく、2話連続放送で良かったと思う。もっとも、そのせいでOVAシリーズと勘違いしそうな視聴後感だったが。
ダイナミックなアクションは見応えがあったし、初回よりはずいぶんと上向きになった。いまだパッチワーク感による平板さはぬぐえないものの、回数を重ねるごとに印象が上向きになってくることを願いたい。
★★☆