flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

魔弾の王と戦姫 第七話「守るために」

脚本:佐藤竜雄 絵コンテ:西澤晋 演出:安田賢司 作画監督:福世孝明

ロランに重傷を負わされたティグルを残し、エレンは銀の流星軍を率い再びナヴァール騎士団との戦におもむく。目覚めたティグルは、黒弓に導かれるままティッタをともないとある神殿にたどり着く。
黒騎士ロランの登場でずいぶんと物語が引き締まったように感じていたので、予想以上に早い段階での白旗は残念だった。もっとも、戦姫ふたりに人間相手には禁忌とされていた竜技を使わせ、なおかつティグルにレベルアップした黒弓の解放までさせた時点で、その役割は十分すぎるほど果たされたと考えるべきか。ティッタは相変わらずシリアスなフェーズでのサービス要員でふびんになってしまうけど、健気なそのキャラクターならではともいえる。1クールなので戦記ものとしてのスケール感の乏しさは致し方ないものの、戦姫たちの演出にはもう少しケレン味がほしいところ。
★★★