flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

結城友奈は勇者である 第九話「心の痛みを判る人」

脚本:村田治 絵コンテ・演出:平井義通 作画監督:山口飛鳥、阿部達也

乃木園子が語った勇者システムの真実を友奈と東郷から聞かされた風は、怒りにまかせて大赦を潰しに動こうとするが……。
秘密裏に友奈たちを巻き込んだあげく、バーテックスとの戦いに向かわせたのはほかでもない風だった。ゆえに、あの振り絞ったかのようなカラ元気は彼女の重圧の裏返しと思っていたので、閉ざされた樹の夢をきっかけに怒りを爆発させたくだりには心動かされた。率先して勇者の枷を暴き出す東郷が、友奈たちが風の暴走を止めた現場に不在だったのも不気味なほどあとを引く。東郷については、記憶の欠落と足の不自由が本能的なバーテックスへの忌避行動すなわちその過去につながっていると予想。そして、ひたすら勇者としての理想像に奉仕するかのような友奈に大赦から監視役として派遣され満開に至らない夏凜。メインキャラクターのバラバラな立ち位置が明確になってストーリーが吸引力を帯びてきた。
★★★