flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

ソードアート・オンラインII 第22話「旅路の果て」

脚本:菅原雪絵セブンデイズウォー) 絵コンテ:小島正幸 演出:西片康人 作画監督:仁井学、梅津茜、平野絵美

ユウキが突然アスナの前から姿を消しALOにログインしなくなって数日。ALOでメンバーのシウネーからユウキは再会を望んでいないだろうと聞かされたアスナは、どうしても納得ができず現実世界のユウキに会おうとする。
メンバーひとりひとりの名を剣士の碑に刻みたいという「スリーピング・ナイツ」の願い、初めて聞いたときはたわいないものだと思ってしまった。また、自分たちから一方的にアスナを助っ人に引き入れておいて、これまた一方的に姿を消したユウキたちにあんまりだと思ってしまった。しかしながら、彼女らの真実を聞くに及んで、リミットに対する真摯さ、すなわち境遇に立ち向かう強さがそれぞれの行動に結びついていることを知った。パーティー名そして「絶剣」に込められた意味も。
キリトが助っ人になり得なかったのは、ユウキが剣を合わせたときに素性を見破ってしまったからか。ゆえに和人はユウキの居場所について見当をつけることができたと。ユウキの主治医、倉橋の、淡々として誠実な語り口が事態の重さを静かに突きつけており印象的だった。
★★★