flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

2015冬調査(2014/10-12月期、終了アニメ、35+1作品) 第35回

アニメ調査室(仮)さまで開催中の標記調査に参加。

評価条件 だいたい80%以上視聴した作品について(80%の目安 : 1ヶ月に、1回程度の見逃しなら評価可能)、S : とても良い、A : 良い、B : まあ良い、C : 普通、D : やや悪い、E : 悪い、F : 見切り、視聴はしたが中止(または見逃しが多い)、x : 視聴なし(または視聴中のため評価保留)、z : 視聴不可(わかる範囲で良いです)

01,曇天に笑う,F
02,なりヒロwww,x
03,サイコパス 2,C
04,アカメが斬る!,C
05,ぐらP&ロデ夫,x

06,愛・天地無用!,x
07,フランチェスカ,x
08,天体のメソッド,C
09,魔弾の王と戦姫,D
10,トリニティセブン,x

11,グリザイアの果実,x
12,大図書館の羊飼い,x
13,デンキ街の本屋さん,F
14,オレん家のフロ事情,x
15,毎度! 浦安鉄筋家族,x

16,ガールフレンド (仮),x
17,繰繰れ! コックリさん,F
18,オオカミ少女と黒王子,B
19,失われた未来を求めて,x
20,結城友奈は勇者である,C

21,甘城ブリリアントパーク,C
22,蟲師 続章 後半エピソード,A
23,ソードアート・オンラインII,C
24,異能バトルは日常系のなかで,F
25,白銀の意思 アルジェヴォルン,D

26,俺、ツインテールになります。,C
27,ヤマノススメ セカンドシーズン,B
28,テラフォーマーズ アネックス1号編,F
29,旦那が何を言っているかわからない件,x
30,カードファイト!! ヴァンガード レギオンメイト編,x

31,Fate/stay night Unlimited Blade Works,C
32,棺姫のチャイカ AVENGING BATTLE,B
33,神撃のバハムート GENESIS,x
34,selector spread WIXOSS,C
35,Hi☆sCoool! セハガール,x

36,(特番) 憑物語,x

総評

リストだけを眺めると、A評価が1作品、B評価が3作品と低調に見えるが、評価対象作品が少なかったこと、昨年の総括に書いたとおり2015年1〜3月期にまたがる2クールものがどれも充実しているので、物足りなさは感じない。寸評はB評価以上のみ。

寸評

18,オオカミ少女と黒王子,B: 主人公男女2人のエキセントリックなキャラクター造形こそ変化球だが、へこたれないオオカミ少女の一途さにひねくれた黒王子がほだされていく物語はいたって直球。早々に主人公カップルが確立したこともあって、さんちゃんこと三田亜由美のニュートラルなたたずまいがオアシスでもあった。
22,蟲師 続章 後半エピソード,A: 前半エピソード以上に親子の関係性をさまざまな切り口で描いたエピソード群が印象に残った。血縁を神聖視しない作り手のまなざしが、人間というちっぽけなカテゴリーを超えた自然そのものへの賛歌に感じられる。幽玄でありながら艶めかしい蟲たちの表現、音楽とSEを駆使した音響面の奥行きは言わずもがな。
27,ヤマノススメ セカンドシーズン,B: あおいの内面にフォーカスした1期シリーズのピュアネスが後退したのはさびしかったけど、代わりにマルチキャラクターものならではの裾野の広がりがひなたとの「約束」の先を見せてくれた。登山者心理を反映したメインキャラクターたちの行動も、ビジュアルとは裏腹に骨太な印象すら与える。山行における背景美術の臨場感も忘れがたい。
32,棺姫のチャイカ AVENGING BATTLE,B: 明快なストーリー展開、好感度高いキャラクター、キャスト陣の好演、高位安定な作画演出、と派手さこそないものの全方位にわたって高いレベルでバランスがとれていた。特に、白チャイカ一行、紅チャイカ一行、そしてジレット隊と、押しつけがましさのないチームワークが大好きだった。それだけに、展開が性急すぎてニュアンスを欠いた最終話が惜しまれる。