flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

クロスアンジュ 天使と竜の輪舞 EPISODE 13「武器工廠(アルゼナル)、炎上」

脚本:小林秀造 絵コンテ:下田正美福田己津央 演出:大橋誉志光 メカニカル演出:福田己津央 キャラクター作画監督:戸井田珠里、田村里美、中島渚 メカニカル作画監督:森田岳士

【概要】
ノーマの救助名目でやってきたジュリオ率いる艦隊の真の目的を看破したジルは、人類への反攻作戦「リベルタス」の実行を決意する。
【感想】
脱走エピソードでそろって肉親に裏切られたアンジュとヒルダのシンクロをリベルタスに同調させると思いきや、ジルに対しても反抗するアンジュの跳ねっ返りぶりが頼もしすぎで最高。アンジュの動機を楽しかったというアルゼナルへの帰属意識に結びつけるシンプルなプロットが効果的で、大義名分にはよらないという彼女の潔さがカタルシスをもたらす。今のアンジュの価値観を形成することになった、ヒルダ、ヴィヴィアン、そしてタスクという周辺キャラクターの使い方も絶妙なあんばい。すべてがエンブリヲの掌の上という構図だからこそ、自身に正直なアンジュの行動原理がどこまでもまぶしく感じられる。
★★★★