flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

寄生獣 セイの格率 stage:12「こころ」

脚本:米村正二 絵コンテ:清水健一 演出:山城智恵 作画監督:桜井邦彦

【概要】
人間でありながらパラサイトを感知できる君嶋の能力は日ごとに強くなる。これ以上は放置できないと考えた新一は、ミギーが眠っている間、君嶋にパラサイトのことを全て打ち明けるが、すぐには信じてもらえない。そして、待ち合わせることになった二人だが、君嶋は新一からの連絡手段を断ち単独行動に出る。
【感想】
新一にひかれてやまない君嶋の複雑なそして一途な内面が最後まで痛々しかった。過去エピソードの感想で彼女を人間界におけるパラサイトに例えたけども、強い者を求めてしまうその本能にあらがう人間らしさが、あまたいるパラサイトから新一だけを感知できると主張した嘘だったのかも。そして、その嘘を本当にしたかったからこそ、携帯電話を自室に残して自らの退路を断った。
さらには、人命を守ることへのスタンスにおけるミギーとの温度差が、新一との連携に狂いを生じさせ君嶋を救うことができなかった結末。システマティックに増殖するパラサイトにあらがう人間らしさがことごとく否定されてしまうのが、ミツオに見せた新一のいら立ちだったのだろう。苦しむ彼を助けられるのは村野ではなく、パートナーのミギーしかいないのだが。
★★★★