flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

ユリ熊嵐 Episode 2「このみが尽きても許さない」

脚本:幾原邦彦伊神貴世 絵コンテ:幾原邦彦、古川知宏 演出:古谷田順久 作画監督:栗田聡美

【概要】
嵐が丘学園では泉乃純花の追悼式が行われる。そこで百合城銀子と百合ヶ咲るるがクマであることを確信した百合園蜜子は、思いを寄せる椿輝紅羽を守ろうと動き出す。そして、蜜子のことが好きな百合川このみは、じゃまな紅羽を排除しようと本性を現す。
【感想】
目の前で繰り広げられている描写すべてを額面どおりに受け取ってよいものか困るが……。とりあえず、銀子とるるの転入以前から学園がクマに侵食されつつあること、紅羽がクマたちのターゲットにされていて、彼女をめぐるクマたちの同族争いが起っていること、クマの嗜好性には捕食対象の恋愛感情が介在していること……、その程度の情報はおぼろげながら見えてくる。思い人に排除された百合川このみは気の毒だったが、クマの世界では日常茶飯事であるなわばり争いのようなものだろうとも。
ユリ裁判の意図がいまだよく分からないが、当面は保留としたい。
★★★