flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

クロスアンジュ 天使と竜の輪舞 EPISODE 15「もう一つの地球」

脚本:野崎透 絵コンテ:まついひとゆき 演出:岩崎トモカズ キャラクター作画監督:坂本修司、今岡大、徳田夢之介 メカニカル作画監督:才木康寛、須永頼太

【概要】
飛ばされた世界でドラゴンの一族に拘束されたアンジュとタスク。アンジュは、ドラゴンの巫女姫、サラことサラマンディーネと再会する。そして、サラからドラゴン族が住まうこの地球こそが人類の故郷であることを聞かされる。
【感想】
前回エピソードにおける描写がいろいろと不可解だったが、時系列前後ではなくてパラレルワールドであることが判明して納得。ヴィヴィアンの正体についても納得したものの、彼女がアルゼナルでエースパイロットだったのは、ドラゴン族の能力ゆえだったのか気になるところ。ジルはヴィヴィアンの素性を承知でかくまっていたようだが、その意志が原初の地球と偽りの地球の架け橋になるのかどうか。
ドラゴン族への態度が粗暴だったアンジュが、挑みかかったサラにのされたくだりにはスッキリした。アンジュの強気な行動原理は魅力ではあるけれど、やはりお灸を据えてくれる人間がいないとバランスを欠くわけで、ジルの不在をサラが埋めてくれた感じ。アンジュの表情や態度が、タスクと二人きりの時と違うのが分かりやすい。
★★★