flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

デュラララ!!×2 承 #04「人の踊るときは踊れ」

脚本:高木登 絵コンテ:寺東克己 演出:菅沼栄治、古谷田順久 作画監督:冨永拓生、久高司郎、西川絵奈、川添政和、田中織枝、薮野浩二

【概要】
1日だけ素性の分からない荷物を運んでほしいとの依頼を受けたセルティと、絡まれていた帝人と杏里を助けた門田たちは、互いに暴走族に追われるという境遇から手を組むことに。
【感想】
新羅との日常そして帝人たちを守ろうというセルティの心がけが良かったのか、落とした百万円が2つのルートから戻ってくるという展開の優しさに癒された。今後は、「火種」をめぐる臨也と青葉の対立がストーリーの大枠になりそうだけど、この二人が各所での鍋パーティーから弾き出された構図が下地になっていたので、こと細かく説明されずとも自然と伝わってくる。相変わらず人間模様はゴチャゴチャしているものの、個性的なキャラクターの見せ方がスマートなのでストレスを感じることがない。
★★★☆