flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

艦隊これくしょん -艦これ- #07「一航戦なんて、大ッッキライ!」

脚本:吉野弘幸 絵コンテ・演出:吉田徹 作画監督:上竹哲郎

【概要】
聖地MOへの作戦を前にした演習での遭遇戦で、瑞鶴をかばって被弾した加賀が入渠することに。加賀の代わりに翔鶴を補充した第五遊撃部隊は、提督から極秘情報を受けた吹雪のもと、空母ヲ級率いる深海棲艦の機動部隊と交戦する。
【感想】
第5話の時点ですでにその予感はあったが、吹雪が第五遊撃部隊の旗艦に収まってから、バトルシークエンスがうんと立体的になって面白味を増してきた。くせ者揃いをまとめる吹雪の苦労人ぶりもさることながら、彼女の目線を介しての加賀や瑞鶴などサブキャラクターにもそれぞれのバックグラウンドが感じられるようになり、それが戦闘における一挙手一投足に反映されるようになったがゆえ。反目しあいながらも密かなリスペクトを忘れない加賀と瑞鶴のコール・アンド・レスポンス(手ぬぐいのウサギ)が、吹雪の旗艦としての資質を表しているところがいい。
★★★☆