flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

艦隊これくしょん -艦これ- #08「ホテルじゃありませんっ!」

脚本:花田十輝 絵コンテ:草川啓造 演出:二宮壮史 作画監督:本田美乃、井出直美、松本麻友子

【概要】
南方における「FS作戦」の途上にある島に立ち寄り、他の部隊と合流することになった「吹雪」たち。前のミッションで中破した「翔鶴」は入渠し、「赤城」や修復した「加賀」と再会する。戦艦「大和」が切り盛りするその島は、中継地点らしからぬリゾート地のような様相を呈していた。
【感想】
軍事にはまったく詳しくないのだけど、実在した戦艦「大和」に関するエピソードについては仄聞した程度の知識はある。そんな切り札としての「大和」の特性を生かしつつ、巨大な艤装で運用が容易でない現状から、「大和ホテル」の支配人に甘んじる彼女の憂いが見どころだった。かつて同じように海上に出られなかった辛さを知る「吹雪」が「大和」の内面に寄り添う流れも、これまでのエピソード群が下敷きになることで押しつけがましさがなく好印象。「吹雪」たち三人のサポートで敵機を撃墜したダイナミックな主砲斉射に、鈍重ゆえ「ホテル」と揶揄されることをよしとしない彼女の意地が見えたくだりにもホロリときた。
★★★☆