flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

ユリ熊嵐 Episode 10「ともだちの扉」

脚本:幾原邦彦伊神貴世 絵コンテ・演出:澤井幸次 作画監督:粟田聡美、佐々木睦美、山吉一幸、平田和也、澤入祐樹、佐藤香

【概要】
大木蝶子が率いるクマタギ隊は、秘密兵器「殺熊光線車」によって、いまだ学園に潜むクマをあぶり出して退治しよう動き出した。そんな中、るるは身を隠しつつ紅羽の家までたどり着く。紅羽はるるの正体を承知で彼女を家に迎え入れた。るるは銀子や自身の思いについて紅羽に語り始める。
【感想】
佳境に入ってのここ数話の傾向だが、序盤とはうって変わってのストレートな筆致の連続にほだされっ放し。銀子が行方知れずの間に、これまで出番を控えていたるるを紅羽にアプローチさせるタイミングが絶妙で、三者の距離感が立体的に伝わってくる。るるの正体を看破しても淡々としていた紅羽の描写が寡黙だからこそ印象的。また、るるが銀子を裏切った理由もシリーズのテーマに即したシンプルなもので、むしろ好感が持てた。
かつて澪愛が銀子を送り出した再現のように、今度は紅羽がるるを送り出す「ともだちの扉」のシーン。絵的にはまったく同じだからこそ、クマを助けたいという願いは変わらないからこそ、友達である娘との再会を願った母親と友達のために今生の別れを告げた娘の対照に胸が締めつけられる。
★★★☆