flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

ユリ熊嵐 Episode 11「私たちの望むことは」

脚本:幾原邦彦伊神貴世 絵コンテ:黒澤雅之 演出:八瀬祐樹 作画監督:中島裕里、進藤優、高野やよい、相澤伽月

【概要】
大木蝶子は紅羽を餌に銀子をおびき出す。銀子は蝶子の狙いどおり屋上に現れる。蝶子は銀子を狙撃しようとするが、そこにクマの世界から戻ってきたるるが飛び込み……。
【感想】
銀子をクマの世界に返した紅羽の行為は、かつて母親、澪愛の再現を見ているよう。しかしながら、銀子を助けたときの澪愛のメッセージから一歩も進んでいないところが、クマとヒトの断絶の深さを暗示する。
だからこそ、そこに飛び込んだ新要素、クマの世界から戻ってきたるるによって、澪愛の願いすなわち銀子と紅羽が育んできたものが再び力を帯びてくる、そんなストーリーにジーンときた。銀子とるるの本質に触れた紅羽がクマへの恨みを超えて彼女らを受け入れたことが、ブレイクスルーをもたらしたのだと。
クマはケモノとしての欲望を捨て去ることでヒトの少女になれる。ではヒトの少女である紅羽がユリ裁判を通じて捨てようとしているものはなんだろう。ヒトとしてのしがらみ「透明な嵐」だろうか。
★★★☆