flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

2015春調査(2015/1-3月期、終了アニメ、61+2作品) 第36回

アニメ調査室(仮)さまで開催中の標記調査に参加。

評価条件 だいたい80%以上視聴した作品について(80%の目安 : 1ヶ月に、1回程度の見逃しなら評価可能)、S : とても良い、A : 良い、B : まあ良い、C : 普通、D : やや悪い、E : 悪い、F : 見切り、視聴はしたが中止(または見逃しが多い)、x : 視聴なし(または視聴中のため評価保留)、z : 視聴不可(わかる範囲で良いです)

01,戦国無双,x
02,ユリ熊嵐,B
03,暁のヨナ,B
04,みりたり!,x
05,(欠番)削除不可,x

06,団地ともお,x
07,七つの大罪,F
08,オレカバトル,x
09,マジンボーン,x
10,純潔のマリア,B

11,テンカイナイト,x
12,デス・パレード,x
13,うわばきクック,x
14,(欠番)削除不可,x
15,ヒーローバンク,x

16,幸腹グラフィティ,C
17,夜ノヤッターマン,D
18,山賊の娘ローニャ,x
19,新妹魔王の契約者,x
20,GO-GO たまごっち,x

21,寄生獣 セイの格率,A
22,秘密結社 鷹の爪EX,x
23,聖剣使いの禁呪詠唱,x
24,牙狼 GARO 炎の刻印,B
25,銃皇無尽のファフニール,x

26,冴えない彼女の育てかた,x
27,蒼穹のファフナーEXODUS,A
28,弱虫ペダル GRANDE ROAD,x
29,美男高校地球防衛部LOVE!,F
30,探偵歌劇ミルキィホームズTD,x

31,クロスアンジュ 天使と竜の輪舞,A
32,ガンダムビルドファイターズトライ,F
33,フューチャーカード バディファイト,x
34,ディスク・ウォーズ:アベンジャーズ,x
35,アイドルマスターシンデレラガールズ,B

36,キュートランスフォーマー 帰ってきたコンボイの謎,x
37,超爆裂異次元メンコバトル ギガントシューター つかさ,x
38,少年ハリウッド HOLLYSTAGE FOR 50,A
39,みんな集まれ! ファルコム学園SC,x
40,がんばれ! ルルロロ 第2シリーズ,x

41,ログ・ホライズン 第2シリーズ,C
42,ハピネスチャージプリキュア!,x
43,Bonjour♪恋味パティスリー,x
44,ガンダム Gのレコンギスタ,C
45,うぇいくあっぷがーるZOO!,x

46,デュエル・マスターズ VS,x
47,艦隊これくしょん 艦これ,D
48,アルドノア・ゼロ 第2期,F
49,アブソリュート・デュオ,x
50,ふうせんいぬティニー,x

51,レディジュエルペット,x
52,ドラゴンコレクション,x
53,ローリングガールズ,C
54,神様はじめました◎,B
55,デュラララ!!×2 承,F

56,まじっく快斗1412,x
57,ドアマイガーD,x
58,血液型くん! 2,x
59,四月は君の嘘,F
60,東京喰種√A,B

61,SHIROBAKO,S
62,DOGDAYS'',x
63,ISUCA,x
64,おにくだいすき! ゼウシくん 2期,x
65,野良スコ,x

総評

完走が18作品。『SHIROBAKO』は2013年夏調査の『ちはやふる2』以来1年9カ月ぶりのS評価。その他もA評価が4作品、B評価が7作品と豊作シーズンだった。特に、『SHIROBAKO』、『クロスアンジュ 天使と竜の輪舞』、『寄生獣 セイの格率』、『暁のヨナ』、『牙狼〈GARO〉-炎の刻印-』と、2クールものがそれぞれ個性的かつメリハリのあるストーリー構成で充実していた。寸評はB評価以上のみ。

寸評

02,ユリ熊嵐,B: エキセントリックな演出とセリフ回しにオブラートされたシンプルなおとぎ話。銀子と紅羽の友情をブリッジするるるの献身が美しかった。演出については正直トゥーマッチに感じられる瞬間が多かったものの、だからこそ百合ものが苦手な自分にはカモフラージュになったのかもしれない。
03,暁のヨナ,B: ハクと二人きりの逃避行からじっくりと描き、ニュアンスを膨らませつつ四龍たちのドラマを重ね、主人公であるヨナの成長を無理なく印象づける、2クールきっちりコントロールされたシリーズ構成がお見事。ポイントとなるエピソードで作画リソースを注ぎ込む的確な仕事ぶりも特筆したい。ぜひとも次なる展開を拝みたいところ。
10,純潔のマリア,B: 宗教的なバックグラウンドが肝要な中世ヨーロッパをしっかりと表現した作品世界が骨太で、だからこそ、その上に乗っかる魔女たちの浮遊感が人々との交流で輝いていたと思う。マリアの戦争嫌いにパーソナルな理由付けをしなかったところがポイントになっていて、だからこそ魔女は天と地の教会とは違う人々のよりどころになり得たのだと。重苦しい展開が基調だったものの、使い魔や監視役のコミカルなリリーフで救われた。
21,寄生獣 セイの格率,A: 肉体はひとつでも精神は別という新一とミギーの奇妙なパートナーシップが、環境を破壊する人間のエゴうんぬんといった大上段なものではなく、いたってパーソナルな視点でヒトとパラサイトの未来を示唆させるドラマが力強かった。村野との表の関係性に隠されたミギーとの友情という、新一がはらむ二面性の陰影が印象深い。下世話なギャグやコメディに頼ることのない古風なたたずまいも魅力。
24,牙狼 GARO 炎の刻印,B: 特撮もの(未視聴)の世界観をくむコンセプトでありながら、中世ヨーロッパを舞台とすることで魔戒騎士たちとホラーがもつ退廃的な持ち味がより強調される結果に。絵画のように平面的なキャラクターデザインも前述のコンセプトにピタリ合っていた。レオンのキャラクターはやや弱かったが、息子に勝るとも劣らない活躍をみせたヘルマンとの親子鷹として、二人で主人公と解釈したほうが伝承というコンセプトに照らし合わせてみてもふさわしい。
27,蒼穹のファフナーEXODUS,A: ここ数年で視聴したロボットアニメでは最高峰といえるバトルシークエンスのテンションと、それらを下支えする生き急ぐようなパイロットたちの姿。彼らの自己犠牲精神に抵抗を覚えないのは、一般市民がそれ以上の辛酸をなめているというバックグランウドが付されているからで、死滅ではなく変容によりどころを求める手探り感の甘美さすらも魅力に。
31,クロスアンジュ 天使と竜の輪舞,A: 下品で下世話なキャラクター描写にドラマの数々は、終わってみれば主人公のアンジュが体現する生命力そのものだった。そこに距離を覚える瞬間もなくはないのだけど、人間賛歌のひとつの方向性としてはブレなかったと思う。願わくは、タスク以外の男性キャラクターの不遇について、エンブリヲの野望から排除されていたからこそ、しかるべきエクスキューズがほしかったが。
35,アイドルマスターシンデレラガールズ,B: キャッチーな記号性を逆手にとったキャラクターの陰影のつけ方が上手くて、なかでも神崎蘭子の第8話とアスタリスクの第11話は珠玉だった。第13話のような作画リソースの傾斜配分にスタッフの心意気が伝わってくるところもよかった。本田未央のエピソードで頂点に達したニュージェネレーションズのフロントヘビーな印象は最後まで変わらなかったが、そこは分割2クール目での帳尻合わせを期待したい。
38,少年ハリウッド HOLLYSTAGE FOR 50,A: アイドルなる曖昧模糊としたアイコンと向き合ってきた第1期シリーズの姿から、ファンや芸能界から引退したランの視座を組み込むことで、アイドルとしての足場を固めていくステップアップがまぶしかった。シャチョウの願いを投影したかのようなカケルのモノローグが、よりダイレクトに伝わってくるフェーズも多かったように思う。
54,神様はじめました◎,B: どんな時も主人公の奈々生が中心からブレることなく、かといってそのたくましさが嫌味になることもなく、短い命で妖怪たちの内面に爪痕を残しながら駆け抜けていく、健気なその姿が愛おしくもあり元気づけられもした。
60,東京喰種√A,B: 最終話に象徴される幻想的な演出が印象に残ってしまうように、バトルアクションの演出はその激しさとは裏腹にやや平板だった。ベストエピソードは、亜門鋼太郎と真戸暁の雪解けを繊細に描き出した第6話で、クールでホットなシリーズの持ち味が凝縮されていた。OPとEDは、第1期シリーズともども映像、楽曲ともに独特な美意識にあふれておりすばらしい。
61,SHIROBAKO,S: アニメファン的に興味津々であるアニメ制作業界もの、さらには社会人視聴者として共感しやすいお仕事もの、初期設定として二つの大きなアドバンテージがあったものの、制作進行である主人公のビジョンを介した平面的にも立体的にも時間的にも奥行きのある群像劇は、最終話までテンションを切らすことなく名場面の数々を堪能させてくれた。主人公の完璧超人ぶりが嫌味にならなかったのは、チームプレーとしてのアニメ制作に連綿と流れる精神と技術の積み重ね、すなわち広大なバックグラウンドへのリスペクトゆえ。リアルにファンタジーが混じった作品世界を損なわないOP曲、ED曲そして劇伴音楽のディレクションも的確。