flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

(新)やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続 #01「何故、彼らが奉仕部に来たのか誰も知らない。」

原作ライトノベル未読。テレビシリーズ第1期視聴済。

スタッフ

原作:渡航小学館ガガガ文庫」刊) キャラクター原案:ぽんかん8*1 監督:及川啓 シリーズ構成:菅正太郎 助監督:池端隆史 キャラクターデザイン:田中雄一 メインアニメーター:竹内哲也、荒木涼、枡田邦彰、藤崎賢二、佐藤元昭 サブデザイン;貞方希久子 プロップデザイン:山崎正和 衣装設定:藤井結 美術監督:峯田佳実 美術設定:大久保修一 色彩設計:岩井田洋 撮影監督:中村雄太 編集;平木大輔 音響監督:本山哲 音楽:石濱翔MONACA)、高橋邦幸MONACA) 音楽制作:NBCユニバーサル・エンターテイメントマーベラス 音楽プロデューサー:西村潤 アニメーション制作:feel. 

脚本:菅正太郎 絵コンテ:及川啓 演出:松下周平 作画監督:山本善哉、高原修司、山崎正和

【概要】
それぞれの思いを残しての文化祭が終わって11月、修学旅行を控えた八幡たちの奉仕部に、葉山と戸部が訪れる。ふたりの依頼は、戸部の恋の相談だった。奉仕部は、戸部と意中の相手である海老名をくっつけようと修学旅行中あれこれ画策するが……。
【感想】
アバンが第1期シリーズ最後の文化祭のシーンで、かなりブランクがあったことからすんなり入っていけたのがありがたい。互いに歯に衣を着せぬからこそ反目が意気投合にひっくり返る八幡と雪乃の掛け合いに、ムードメーカーときにはトラブルメーカーとしての結衣がブリッジする、絶妙な奉仕部三名の空気感が健在で安堵させられた。キャラクターデザインについては、第1期シリーズの素朴で温かみのあるタッチが大好きだったので寂しさはあるが、繊細なタッチにリファインされたこちらにもじきに慣れるだろう。
トーリーのほうは、導入部がこれだけの完成度であれば、これから何度もやってくるであろうピークを期待してもよさそう。
★★★☆

*1:正しくは8を○で囲ったもの。