flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

終わりのセラフ 第4話「吸血鬼ミカエラ」

脚本:瀬古浩司 コンテ:高岡じゅんいち 演出:高岡じゅんいち 作画監督高岡じゅんいち、原修一、松尾真彦、豊田桂祐、山本真理子

【概要】
優一郎は学校の渡り廊下でぶつかった君月士方と因縁ができる。優一郎は与一とともに「月鬼ノ組」の研修生となるが、そこに居合わせた士方と再び衝突。すっかり険悪になった二人は、訓練でペアを組まされるはめになる。その一方で、優一郎と生き別れになった瀕死のミカエラは、女王、クルル・ツェペシの血によって吸血鬼として生存していた。
【感想】
のっけから血の気が多い優一郎と士方のいがみ合いが殺伐かつ単調でひたすら疲れる。優一郎の「復讐」はともかくとして、病気の妹を助けたいという士方の「焦り」すらも「欲望」と解される世界は理不尽としか言いようがないが、だからこそ優一郎と士方は紙一重なのだと思い至った。そして、二人をあえて放置しているように見えるシノアの策士ぶりが改めて浮上する。温和な与一が上手いこと緩衝役として立ちまわってくれれば、印象がマイルドになるように思うのだけど。
★★☆