flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

ミカグラ学園組曲 第6話「我楽多イノセンス」

脚本:竹内利光 絵コンテ:吉川博明 演出:浅見松雄、岩崎友和 作画監督:菊永千里、菊池政芳、海保仁美

【概要】
ルーキー戦に向けてエルナの激励会が開かれることになったが、そこに星鎖と九頭竜の姿はなかった。シグレから九頭竜との過去を聞かされたエルナは、単身で美術部にアプローチする。そして、ルーキー戦ではトンきゅんがうさ丸の無念を晴らすべく相良あづみに挑む。
【感想】
性別を問わずにどんな人物にも遠慮なく踏み込んでいくエルナの個性が、今回の九頭竜との一件で確立されたような気がした。問題はそれがバトルシークエンスにフィードバックされないところで、トンきゅんに勝った直後の途中敗退というオチもトーナメントというシチュエーションを生かし切れていない印象。何よりも、相良はエルナがやっつけるとばかり思っていたので、その役回りをトンきゅんに与えてしまったプロットには疑問が残る。
ずいぶんと良くなったとは思うけど、全体的なチグハグ感はいかんともしがたい。
★★☆