flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

終わりのセラフ 第6話「新しいカゾク」

脚本:瀬古浩司 コンテ:肥塚正史 演出:安食圭 作画監督:富田恵美、竹田逸子、安食圭

【概要】
契約の儀でそれぞれの「黒鬼」と内面世界で対峙する優一郎、与一、士方の3人。鬼たちはそれぞれが失った家族を乗っ取ることで心の弱い部分を攻撃し始める。
【感想】
まだ存命中の妹を助けたいという動機が強い士方。復讐心だけではなく仲間たちへの思いやりを共存させた優一郎。復讐心や闘争心の弱さを士方と優一郎のスタンスを作用させることで大切な人を守りたいという強さに転化した与一。三者三様な性格と背景を踏まえた鬼の調伏シークエンスに納得。
★★☆