flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

終わりのセラフ 第7話「三葉のチーム」

脚本:瀬古浩司 コンテ:宮地☆昌幸 演出:若野哲也 作画監督加藤美穂、杉崎由佳、胡拓磨、庄田英興、夏瀬悠季、管振宇

【概要】
それぞれ鬼呪装備を得た優一郎、与一、士方は、シノアとともに初任務に赴くことになった。そんな彼らのチームメイトとして三宮三葉が配属される。殲滅部隊のエリートである彼女は、新人である優一郎たちと組まされることに反発する。グレンの仲裁でいったんは丸く収まったものの、優一郎が気に食わない三葉はさっそく衝突を繰り返す。
【感想】
命令違反によって学校に入れられた優一郎が、そこで新たな「家族」をつくって認められ、再びの戦場でまた命令違反。しかしながら、今度は吸血鬼にとらわれた少女の救命を優先したところがかつてとの違いか。そこに似た者同士である三葉をぶつけるプロットがわかりやすい。
三葉について。この顔ぶれだと5人目が女性であればおっとりしたタイプがふさわしいように思うのだけど、あえて猪突猛進を投入したところが面白い。何よりも、優一郎ひとりに向けられていたシノアの皮肉めいた挑発が分散されることで見やすくなった。
予想していたとおり学園よりは戦場ミッションのほうが見応えがある。ここまで長かったな。
★★★