flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

ハイスクールD×D BorN 第9話「ドラゴン・オブ・ドラゴン」

脚本:吉岡たかを 絵コンテ:西島克彦 演出:野本正幸、南康宏 作画監督:野本正幸、佐々木萌、田中良、神田岳、石動仁、中西理恵

【概要】
アーシアを消滅させたのは悪魔の正統を名乗るシャルバ・ベルゼブブだった。放心状態から怒りを爆発させた一誠は、中途半端に覇龍化してしまいシャルバを圧倒するが、暴走状態が止まらなくなる。そこに、「次元のはざま」からヴァーリが助太刀に現れる。
【感想】
強大な力に飲み込まれて暴走する主人公というありがちなパターンだったけど、そんな一誠を元に戻すまでのステップがよかった。ライバルであるヴァーリの助太刀にはこれからの両者の高いレベルでのせめぎ合いを予見させる。そして、アーシアの無事を伝えるまでもなく、自らの心の叫びによって一誠を呼び戻したリアスには、筆頭ヒロインとしての、部長としてのプライドを感じられた。シリーズを重ねるごとに一誠の強大化と反比例してカリスマ性が弱まっていた印象だったのでなおのこと。
一誠の内面にいまだ巣食っていたレイナーレの思念については、彼の弱さではなく優しさゆえだったのだと思いたい。リアスが彼を責めなかったのはそういうことだろう。
★★★