flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

ハイスクールD×D BorN 第12話「いつでも、いつまでも!」(終)

脚本:吉岡たかを 絵コンテ:柳沢テツヤ 演出:藏木穂高 作画監督:野木正幸、佐々木萌、神田岳、石動仁、西山伸吾、外山陽介

【概要】
一誠は覇龍化したリアスの攻撃を受け止めつつ、心の叫びで彼女を正気に戻すことに成功した。次元の渦に落ちていく二人だったが、グレートレッドの導きによって元の世界への帰還を果たし、いつものオカルト研究部の日常へ。リアスのルークそして公民教師として新たにロスヴァイセが加入し、ついにグレモリー眷属が揃うことに。
【感想】
一誠のスタンスが守るためであったとしても、ひたすら受け身でリアスの心に叫び続けたバトルは、ひねりがなさ過ぎて単調に感じられた。もっとも、このストレートなパターンがシリーズの特徴であることは分かっているつもりなので、詮なきことだろうが。コミカルな『おっぱいドラゴンの歌』に乗せた一誠の決意表明に続いて、しっとりした劇伴をバックにしたリアスのモノローグで締めるという、ラストにおける主観の切り替えはシリーズの縮図のようで印象的だった。
★★☆