flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

オーバーロード 第3話 「カルネ村の戦い」

脚本:菅原雪絵(ライトワークス) 絵コンテ・演出:伊藤尚往 作画監督:宮前真一

【概要】
マジックアイテム「遠隔視の鏡」を試している際に、モモンガは人間たちが暮らす村を発見する。そのカルネ村が騎士団と思しき集団に襲われているのを確認したモモンガは、アルベドを従えて転移してくる。騎士団を駆逐したモモンガは、世情にうといマジックキャスターを名乗り、しばらく村に居座ることに。
【感想】
ユグドラシルからナザリックごと転移したところはリアルな異世界だったということらしい。ただ、意思を持っているかのようなカルネ村の人々も、ユグドラシルNPCが人格をもったように、どこかのゲーム世界由来のNPCだったのかもしれず。それは、後から救援にやってきたガゼフ・ストロノーフたちにも言えること。そして、モモンガ自身が期待するような他のユグドラシルプレイヤーが流されてきているわけではなく、彼以外のキャラクターがすべてNPCだと想像すると空恐ろしくてならないのだが。いずれにせよ、モモンガの手探り感にシンクロできているうちは楽しめそう。
★★★