flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 第3話「炎龍」

脚本:浦畑達彦 絵コンテ:河合滋樹、京極尚彦 アクション絵コンテ:松本顕吾 演出:河合滋樹 作画監督:須藤智子、猪口美緒

【概要】
炎龍に襲われた村の井戸から、エルフの少女テュカ・ルナ・マルソーを救出した伊丹たち。次に到着したコダ村の村長に炎龍のことを伝えると、彼らは村を放棄して逃げるという。そして、身寄りをなくした年寄りと子供たちとともに、コダ村の魔導士であるレレイ・ラ・レレーナと神官であるロゥリィ・マーキュリーが合流する。
【感想】
強大なドラゴンから弱き人々を守るために戦う自衛隊像。伊丹がのたまった「人道支援」という言葉に、本シリーズはこれがやりたかったのだと想像した。だとすれば、第2話における近代兵器を用いた容赦ない戦闘描写がどうしても異物としてひっかかってくる。負傷した村人であるテュカに、エルフだからとはしゃぐ姿を見せた伊丹の部下が象徴的。自衛隊と異世界人のマッチングというキャッチーなコンセプトも、シリアスとコミカルのバランスがぎこちなくてワクワクしてこない。アクションを始めとするクオリティ面では申し分ないものの、いまだドラマに没入できないでいる。
★★☆