flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

オーバーロード 第4話 「死の支配者」

脚本:菅原雪絵(ライトワークス) 絵コンテ・演出:松村政輝 作画監督:平野勇一

【概要】
カルネ村を襲ったニグン・グリッド・ルーイン率いるスレイン法国特殊部隊の目的は、リ・エスティーゼ王国最強と名高い戦士長、ガゼフ・ストロノーフの抹殺だった。アインズことモモンガに村を託したガゼフは、果敢にニグンのマジックキャスターたちが召還する天使たちを相手に奮戦するものの、次第に追い詰められていき……。
【感想】
この異世界に飛ばされてからというもの手探り感が先行していたモモンガが、ニグンを試金石に「アインズ」として自身の優位性に確信を持つに至った流れが力強く、そこにかつてのプレイヤー仲間たちを見つけたいという目的を明確にしているところがいい。何となれば、モモンガの人柄はこれまでのモノローグで描写されているわけだから。だからこそ、「宝石箱」の意味を曲解したかのようなアルベド以下NPCたちとの距離感が縦軸になりうる。
作画面では、ガゼフの無双を強調するダイナミックなアングル連発のアクションがみごとで、真打ちとばかりに登場したアインズの不動のポジションからの圧倒的な能力を強調する下地にもなっていた。
★★★