flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

Classroom☆Crisis 第五話「旅の恥は上書き」

脚本:小柳啓伍 絵コンテ: 演出:大久保朋 作画監督:澤田美香、山崎克之、福田裕輝

【概要】
修学旅行のためビーチにやってきたA-TECの面々。息抜きのはずの旅行中もひとり仕事に没頭するナギサだったが、パソコンそしてタブレットが相次いで壊れて(壊されて)しまう。ミズキによって隣町に霧科コーポレーションの出張所があることが判明したものの、移動には2時間かかるという。万策尽きたかに思えたナギサに助け船を出したのは、イリスだった。
【概要】
修学旅行を慰安旅行に置き換えるとナギサの行動はアリかもしれないが、さすがに学生気分全開なクラスメイトたちの前で仕事三昧とは無理がある。その落差こそがシリーズが描きたいものだと承知しつつも、分離している感は否めぬまま。
そんないち視聴者のネガティブな所感を優しく否定してくれたのがミズキのまなざしであり、ワーカーホリックなナギサの立場も尊重できる大らかさが作品世界をも和らげてくれた。好きな仕事であれば深夜残業もいとわない兄、カイトのスタンスに共通するものがあるからこその態度だったのかも。「50億」に反応したのも、カイトと引き比べてのコストカッターとしての立場を尊重しようとしたからではなかったか。
★★★