flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

戦姫絶唱シンフォギアGX EPISODE 4「ガングニール、再び」

脚本:金子彰史 絵コンテ・演出:稲井仁 作画監督:畑智司、安田祥子

【概要】
響と友人たちの前に現れたガリィとそのアルカ・ノイズたち。歌えない響の代わりにガングニールをまとったのはマリアだった。しかし、調と切歌と同じようにギアからの負荷に耐えられず強制解除されてしまう。いったん撤退したガリィは戦闘特化の改めて現れたミカをともなって再び響の前に現れる。
【感想】
毎回同じような感想になってしまうが……。端正な人物描写からレイアウトやエフェクトが決まったアクションまで、作画クオリティは相変わらずのすばらしさ。だからこそというわけではないだろうが、ストーリー面のそつのなさというか、意外性のなさが物足りなく感じられてしまう。激しく切り結んでは撤退を繰り返すオートスコアラーのやり口はワンパターンだし。
友達を守れなかった自身に身を挺して喝を入れてくれたマリアから、未来のピンチに及んで装者としての原点を思い出した響までと、第2期シリーズからの段取りこそ踏んでいるのだけど、どうしても上滑り気味な印象がぬぐえない。それは、響が振り絞った闘志と裏腹にそのシンフォギアまでをも分解してしまったアルカ・ノイズの優位を示しているのかもしれないが、第1期から本シリーズに抱いてきた不満でもある。
★★☆