flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

ガッチャマン クラウズ インサイト #06「engagement」

脚本:木戸雄一郎 絵コンテ:伊藤秀樹、柳屋圭宏、木村延景 演出チーフ:伊藤秀樹 演出:サトウユーゾー 作画監督;後藤圭佑、中野ゆうき、杉本里菜、中武学、伊藤良太 エフェクト作画監督橋本敬史

【概要】
首相公選スマホ選挙で多くの国民の支持を得て当選したゲルサドラは、就任早々に矢継ぎ早に改革を繰り出し、国民の支持を集めていく。つばさもそんなサドラに心酔してサポートにはげむが、帰省した長岡で祖父の悠から自身のスタンスを否定されてしまう。
【感想】
みんなの心を一つにする、国民の政治への気分のような不満をことごとく解消していくゲルサドラの施策の中身はさておいても、電車内で分け隔てなく談笑する人々を見て背筋に冷たいものが走った。悠の考えとはじめの考えは必ずしもシンクロするものではないだろうけど、とりあえず溜飲を下げるには十分。
★★☆