flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

のんのんびより りぴーと 七話「思いきって飛び込んだ」

脚本:吉田玲子 絵コンテ:錦織博 演出:福多潤 作画監督:竹森由加、本田辰雄、吉田和香子、八代紀実子、橋口隼人

【概要】
川遊びで橋からの飛び込みができなかった蛍は、秘密基地を見せてもらったあとに帰宅すると、東京時代の友だちから手紙が届いていた。宮内家では次女のひかげが帰省しており、れんげそして遊びに来た蛍と3人で写真を撮りに出かけるが、蛍がバスの中に写真の入ったカバンを置き忘れてしまい……。
【感想】
高所からの海や川への飛び込みは通過儀礼的なイメージに抵抗があるのだけど、本エピソードに関しては蛍に強制することのない優しい筆致に安心させられた。東京の友だちがくれた遊園地へのアンサーとして手づくりの秘密基地を据えたところもよかったけど、それを飛び込みという実践で補完してみせた蛍に、田舎の子らしいたくましさがナチュラルに表現されていた。いつもは東京に出たことを背伸びしてみせるひかげが、田舎育ちらしい自然体で蛍を導いてあげる流れもおみごと。あと、宮内姉妹にあって最も常識人ぽいひかげがコメディリリーフになっている逆転構図が楽しい。
★★★☆