flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

六花の勇者 第八話「凡人と天才」

脚本:浦畑達彦 絵コンテ:迫井政行 演出:浅利藤彰、高橋成世 アクション監修:中野典克 作画監督小林明美、橋本英樹、後藤圭佑、常盤健太郎、中村慎吾、柳瀬譲二、小野田貴之、依田正彦、満若高代、櫻井祐哉

【概要】
ハンスの視力を一時的に奪って追撃から逃げまくるアドレットだったが、追い詰められて対峙を余儀なくされる。アドレットは話術も含めた一か八かの奇策でハンスに逆襲を試みる。そのころ、ナッシェタニアとゴルドフの主従はアドレットへのスタンスの相違からわだかまりができてしまい……。
【感想】
勘の鋭さと身体能力の相乗効果でアドレットを追い詰めていくハンスのすごみ、そしてハンスを翻意させたアドレットの背水における胆力、それらをまとめて飲み込んでしまうかのようなチャモの恐るべき殺意および能力と、緩急と硬軟を交えて畳み掛けられるアクションに引き込まれた。チャモの能力描写は楽しみにしていただけに、おおむねイメージどおりで満足。また、ナッシェタニアとゴルドフにフレミーとモーラと、渦中のアドレットをめぐる機微も過不足なく拾われており文句なし。
★★★☆