flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

うしおととら 第七話「伝承」

脚本:井上敏樹 絵コンテ:西村聰 演出:藤瀬順一 作画監督:阿比留隆彦

【概要】
海座頭から母親が生きていることを聞かされた潮は、帰宅して父親の紫暮にそのことを問いただすが、しらばっくられてしまう。紫暮は自身が属する光覇明宗総本山に赴いて、自身の息子が獣の槍を引き抜いたことを報告し、お役目からその件を任される。しかし、潮が獣の槍の従者であることを納得できない総本山の一派が、4人の法力僧を芙玄院につかわし……。
【感想】
前回エピソードにおける麻子の献身があったからこそ、潮が母親を探して旅立つことになる今回エピソードのバトンタッチがよかった。母親のことを知らぬ潮の言葉にならない悲しみが、紫暮への譲れない態度に表れていて。ただ、潮ととらのパートナーシップを紫暮が認めるまでには、彼視点でのワンエピソードが欲しかった気もする。
★★☆