flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

Charlotte 第八話「邂逅」

脚本:麻枝准(Key/ビジュアルアーツ) 画コンテ:浅井義之 演出:熨斗谷充孝 作画監督:向河原憲、服部益実、黒川飛鳥、安斉佳恵、桝井一平、鈴木伸一、佐賀野桜子

【概要】
荒んでいたところを友利に救われた有宇は久々に星ノ海学園に登校し、以前と変わらぬ周囲に落ち着きを取り戻していく。そんな中、有宇は友利の誘いを受けZHIENDのライブに同行することになった。その日の下校中、有宇は盲目の女性と出会う。サラ・シェーンという彼女は「モダン焼き」を食べたいと言う。
【感想】
前回エピソードのインパクトが相当なものだったので、立ち直りつつある有宇が今度は友利を救ってみせるネガポジ反転は、本シリーズらしい振幅の激しさがよい意味で出ていたように思う。サラがあそこまで有宇のために時間を割いてくれたのは、彼に特別な何かを感じていたからだろうし、それはZHIENDの音楽に対する有宇の印象が物語ってもいる。
あと、音楽は好きだけどミュージシャン個人に興味はないと言い切る友利には、自分も似たところがあるので共感してしまった。そのドライさゆえに有宇からの提案を受け入れる流れも自然なもので、電話口から兄を救ってくれたことへの感謝が染みてきた。現時点でのベストエピソード。
★★★