flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

六花の勇者 第九話「疑惑の蕾」

脚本:浦畑達彦 絵コンテ:高橋成世 演出:喜多幡徹、森義博 レイアウト監修:武智敏光 アクション監修:中野典克、菊池勉 作画監督:小林利光、謝苑倩、糸島雅彦、吉崎雅博、石井ゆみこ、木下由美子

【概要】
チャモの従魔に苦戦を強いられるアドレットとハンスだったが、連携して何とかチャモを拘束することに成功する。チャモに結界のことを問いただしたアドレットは、ハンスを見張りに残してフレミーをおびき出す。現れたフレミーとハンスのところに戻ってきたモーラは、揃ってアドレットが7人目だと断言する。
【感想】
従魔とのアクションはダイナミックな仕上がりで、会話メインとなるその後とのコントラストがワンエピソードとして気が利いている。従魔を使役しているときは強気でも、拘束されるとおとなしくなってしまうチャモはキュートだったが、その無邪気さゆえの怖さも伝わってきた。そして、同じアドレットを疑うでも、毅然としたモーラと憂いを帯びたフレミーとのギャップがいい。特に、アドレットと対峙するフレミーが見せる陰影はほれぼれするほど美しい。
★★★