flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

オーバーロード 第9話 「漆黒の戦士」

脚本:菅原雪絵(ライトワークス) 絵コンテ・演出:松村政輝 作画監督:韓正履、平野勇一

【概要】
モモンはクレマンティーヌと、ナーベはカジットと対決。カジットは、魔法に絶対の耐性をもつスケリトルドラゴンを召喚してマジックキャスターであるナーベの攻撃を封じようとする。一方で、双剣による物理攻撃しかしてこない相手にに業を煮やしたクレマンティーヌは、モモンをなぶり殺そうと飛び掛かるが……。
【感想】
本エピソードの焦点は、出来レース的な展開の中でクレマンティーヌとカジットがどこまで善戦するかだったのだけど、結果としてアインズとナーベラルというナザリックの威を引き出してくれたわけだから、十分に役割を果たしたといえる。人間を虫けら扱いするナーベラルの機械的な印象に対して、クレマンティーヌに残酷な死を与えたアインズには虚勢めいたものがにじんでいたコントラストが印象的。
アインズが高圧的であればあるほどその王座が危ういものに映ってくる。前座扱いであるナーベラル対カジットのほうを念入りに描写したバトルシークエンスが、この異世界のカリスマたらんとするアインズの孤独な決意を反映しているようだ。その行為や外見とは不釣り合いな「勉強になった」というセリフに彼の本質を垣間見る。
★★★