flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

うしおととら 第九話「風狂い」

脚本:井上敏樹 絵コンテ・演出:神志那弘志 作画監督:石井舞

【概要】
飛行機を何とか不時着させた潮ととらは仙台の街まで来たものの、紫暮から受け取った旅費をすべてなくしてしまう。ショックを受けた潮の前に、鎌鼬のきょうだいである雷信とかがりが現れる。人間を殺すために暴走したもう一人のきょうだい、十郎を獣の槍でもって止めてほしいという。
【感想】
全編にわたってキャストの熱演による十郎のテンションに圧倒される。作中での積み重ねがないゆえに、人間に対するこらえようのない恨みを伝えるにはこれ以上ないディレクションと恐れ入った。
穏健派の雷信と過激派の十郎をつなぎとめるががりが、とらに見せた憂いを帯びた表情がいい。細けぇことはいいんだよ的なとらのリアクションに、人間に迫害されてきた鎌鼬とはちがう大妖怪のスケール感が出てもいた。十郎の最期でぶつ切りになったラストは尺の都合だったかもしれないが、鎌鼬たちの悲哀そのものといった感じで悪くない。
★★★