flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

オーバーロード 第10話 「真祖」

脚本:菅原雪絵(ライトワークス) 絵コンテ:小野学 演出:山口美浩 作画監督:小畑賢、永吉隆志、市野まりあ

【概要】
エ・ランテルでクレマンティーヌとカジットを滅ぼしたアインズのもとにシャルティアが反旗を翻したとの報が入る。時は少しさかのぼり……。アインズはエ・ランテルに向かう前に、魔法や武技といった特殊能力を持つ人間の生け捕りをシャルティアに命じていた。盗賊まがいの傭兵団を襲ったシャルティアは、そのメンバーである武技使い、ブレイン・アングラウスに目をつけるが……。
【感想】
OP映像でも示唆されていたシャルティアの反逆。残り話数から考えてもこれがシリーズのクライマックスになりそう。
クレマンティーヌが自身と同格と言っていたことから、ブレインがシャルティアに歯が立たないであろうことは分かっていたが、だからこそバトルシーンには一種独特な緊張感がある。そう、階層守護者たちが人間たちにどのような素顔を見せてくれるのか、その一点への興味において。
それゆえに、ナザリックに反逆ととられたシャルティアの変化に冒険者たちが関与していたようにみえる描写が引っ掛かるのだけど、アインズが考えるようにNPCとしての設定に過ぎないのかもしれない。いずれにせよ、ユグドラシルの常識が通用しない領域がこの世界にあるのだろうから、シャルティアの異物化にアインズを揺さぶるほどのケミストリーを期待してしまう。
★★★