flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

のんのんびより りぴーと 十話「すごく練習した」

脚本:吉田玲子 絵コンテ:澤井幸次 演出:澤井幸次 作画監督:塚本歩、保村成、吉田和香子

【概要】
越谷家に遊びに来たれんげだったが、あいにく姉妹はデパートに行っていて不在だった。そこに現れたこのみとひとしきり遊んだあと、帰ってきた越谷姉妹から自転車の補助輪を外したのが小学1年生だったと聞き、補助輪なしでの練習を始めることにしたれんげ。ひとりでは危ないと一穂に言われたれんげは、楓に教えてもらおうと駄菓子屋を訪れるが……。
【感想】
このみの意外にお茶目な一面に「妖怪」を本気にしてしまうれんげのリアクションが楽しく、つかみは十二分すぎるほど。そうかと思えば、このみによる九九や楓による絵本の読み聞かせで見せた聡明さ、そして越谷姉妹の補助輪からの卒業に張り合おうとした負けず嫌いな一面まで、天然不思議少女ぶりにとどまらないれんげの複雑な資質を印象づけてもくれた。そんな千両役者たるれんげを見守る楓のまなざしが温かく、笑わせて和ませてくれたと思ったら今度は泣かせてくれる。抒情的なのに乾いているバランスが嫌味にならない奇跡のバランス。
★★★★