flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

のんのんびより りぴーと 十一話「すごく練習した」

脚本:山田由香 絵コンテ:金崎貴臣 演出:高村雄太 作画監督:Cha Myoung Jun


【概要】
冬休み、蛍と小鞠が歩いていると朝練帰りのこのみがやってくる。このみが持っている携帯電話に興味津々の小鞠だったが、あっさりと看破されてしまう。さっそく大人の階段を登るべくメール送信にチャレンジする小鞠だったが……。一方、宮内家ではれんげが書いている年賀状に興味津々なひかげが、何とかしてその中身をのぞこうとする。
【感想】
スタッフが意図したものか偶然なのかは分からないが、前回エピソードと重なっていたのが面白い。小鞠の携帯電話への興味を知りつつあえてごまかしていたこのみの意地悪に、れんげが書く年賀状をのぞこうとするひかげのやんちゃぶり。二人のおかげでお笑い成分がずいぶんとアップして楽しいこと。
子供っぽいと主張しても信じてもらえない蛍が母親に見せる子供っぽさが新鮮だった。もっとも、本人がいくら否定したところで他者から見る人格は客観性があるので、そのギャップに困惑する姿こそが歳相応に思えなくもない。蛍が尊敬する小鞠だってそんなところがあるのだし。
★★★☆