flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

(新)K RETURN OF KINGS #1「Knave」

テレビシリーズ第1期、劇場版『K MISSING KINGS』、いずれも視聴済。

スタッフ

原作:GoRA×GoHands 監督・キャラクターデザイン:鈴木信吾 シリーズ構成:高橋弥七郎 シリーズディレクター:金澤洪充 総作画監督古田誠 プロップデザイナー:岸田隆宏 メカデザイナー:大久保宏 メインアニメーター:内田孝行、岡田直樹、大久保宏 美術監督:内藤健 色彩設計:斉藤友子 CGIディレクター:菊池貴紀 撮影監督:戸澤雄一朗 編集:丹彩子 音響監督:横田知加子 音響制作:グロービジョン 音楽:遠藤幹雄 音楽制作:スターチャイルドレコード アニメーションプロデューサー:岸本鈴吾 アニメーション制作:GoHands

キャスト

伊佐那社:浪川大輔 夜刀神狗朗:小野大輔 ネコ:小松未可子 櫛名アンナ:堀江由衣 宗像礼司:杉田智和 比水流:興津和幸 草薙出雲:櫻井孝宏 八田美咲:福山潤 鎌本力夫:中村悠一 淡島世理:沢城みゆき 伏見猿比古:宮野真守 御芍神紫:森田成一 平坂道反:名塚佳織 コトサカ:下野紘 周防尊:津田健次郎 十束多々良:梶裕貴 國常路大覚:飯塚昭三 雪染菊理:佐藤聡美 五條スクナ:釘宮理恵

脚本:宮澤龍生 絵コンテ:鈴木信吾、金澤洪充 演出:横峯克昌 作画監督鈴木信吾古田誠岡田直樹

【概要】
4人の「王」が激突した学園島事件から一年。「白銀の王」伊佐那社がいまだ行方をくらましている中、緑のクラン「Jungle」の暗躍が表面化しつつあった。そして、ネットに赤のクランこと吠舞羅を激しく挑発する動画が流される。青のクランことセプター4は、Jungleに対処するために吠舞羅に共闘を呼び掛ける。そのころ、白銀のクランの夜刀神狗朗とネコもJungleに狙われていた。
【感想】
アバンからいきなり披露された吠舞羅とセプター4が対決するめくるめくアクションに圧倒される。周防尊が君臨していたころの美しい記憶すなわち彼に対する手向けといったおもむきで、第1期シリーズからの時間の流れを感じさせる粋な演出だった。性別を問わずトリートメントが行き届いたキャラクター造形に加え、美麗な作画まわりと音楽に支えられた独特のゴージャス感はさらに磨きがかかっている。
第1期シリーズは、ビジュアル面では楽しめたものの、思わせぶりなストーリー展開に中盤以降は興味が薄れてしまい、総体として精彩を欠いた印象で終わった。ところが、その後に鑑賞した劇場版『K MISSING KINGS』が思いのほか良かったので、この第2期への視聴意欲が上向きになった次第。アンナが新たな「赤の王」として名乗りを上げるシーンは、劇場版を見ていたからこそカタルシスがあった。
シリーズタイトルからクライマックスの展開は読めるし、個人的にはストーリーものというよりはキャラクターに依存した雰囲気アニメ(決してネガティブな意味ではない)という解釈なので、小難しいことは考えずに気楽に見ていきたい。
★★★