flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

(新)機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #01「鉄と血と」

スタッフ

企画:サンライズ 原作:矢立肇富野由悠季 監督:長井龍雪 シリーズ構成:岡田麿里 キャラクターデザイン原案:伊藤悠 キャラクターデザイン:千葉道徳 メカニックデザイン:鷲尾直広、海老川兼武形部一平、篠原保、寺岡賢司 チーフメカアニメーター:有澤寛 美術デザイン;須江信人 美術監督:川本亜夕 色彩設計:菊地和子 CGディレクター:宮原洋平 音響監督:明田川仁 撮影監督:後藤春陽、元木洋介 編集:野尻由紀子 音楽:横山克 音楽プロデューサー:外村敬一、山田智子

脚本:岡田麿里 絵コンテ:長井龍雪 演出:長井龍雪、ヤマトナオミチ キャラクター作画監督千葉道徳 メカニック作画監督:有澤寛

【概要】
地球人が定住した火星にあるクリュセ独立自治区では、クーデリア・藍那・バーンスタインをリーダーに独立の機運が高まっていた。クリュセにある民間警備会社クリュセ・ガード・セキュリティ(CGS)は、クーデリアから護衛の任務を依頼される。そこに、クリュセ独立を抑えようとする武装組織ギャラルホルンの部隊が襲撃してきた。
【感想】
零細な組織の最下層で不当に使役される少年兵たちの成り上がりストーリー。そんな世界観にふさわしい泥臭いキャラクター描写に「鉄血」の意味がにじんでくる。あくまで自分たちのために自由を勝ち取ろうという「火星ネズミ」たちの雑草魂に、格納庫でひたすら眠っていたバルバトスの無骨な攻撃がシンクロする第一歩が痛快だった。
淡々と無双ぶりを見せつける三日月はあまり好きなタイプではないが、彼と2人で1人といった感じのオルガの暑苦しさがいい具合にバランスさせてくれている。荒くれ者たちの中に望んで飛び込んでいったクーデリアのこれからなど面白くなりそうな要素がふんだんで、申し分のない初回。
★★★☆