flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

終わりのセラフ 名古屋決戦編 第13話「人間のセカイ」

脚本:瀬古浩司 絵コンテ:宮地☆昌幸 演出:若野哲也 作画監督:長谷川早紀

【概要】
カエラが生きていることを知った優一郎に帝鬼軍中将の柊暮人から出頭命令が下る。出向いた優一郎に対して、彼を吸血鬼側のスパイと疑う暮人は卑劣な罠を仕掛けて待ち構えていた。
【感想】
ノアそして三葉から「怖い」と念押しされた柊本家の怖さというよりは非道さに不快感を禁じ得ない。もっとも、それはフェリドが再三にわたって指摘してきた人間の暗部であり、毒を食らわば皿までと覚悟を決めた風なグレンもまた同じということなのだろう。ミカエラの生存を知って穏やかになった優一郎がいなければくじけてしまいそうだが、ようやく一枚岩になりそうな月鬼ノ組に託して見届けるしかなさそうだ。
★★