flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

牙狼〈GARO〉-紅蓮ノ月- 第二話「縁刀」

脚本:會川昇 絵コンテ:下田正美 演出:駒屋健一郎 作画監督:柳瀬譲二、服部一郎、阿部弘樹 ゲストキャラクターデザイン:大津直 ホラーデザイン:山下香織

【概要】
京の魔戒の者たちを統括する東の番犬所に呼び出された雷吼と星明は、葛城久頼という魔戒騎士見習いの面倒を見るように頼まれる。久頼は魔戒騎士だった父親を失った過去があり、その遺志を継ぎたいのだという。しかし、星明はいち早く久頼に不審な部分を感じて動き出していた。
【感想】
トーリーはまずまず堅調ながら、人物作画もアクションも精彩を欠く仕上がりでテンションが上がらずじまい。様式美的なコンセプトだからこそ豪華絢爛な作画で魅せてほしいのだけど、前シリーズに比べてのあまりの落差に不安になってくる。せっかくの桂正和デザインが生きていない。人を食ったようにコロコロ変わる星明の表情は相変わらず楽しいのだけど。
★★☆