flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

K RETURN OF KINGS #4「Knot」

脚本:高橋弥七郎 絵コンテ:鈴木信吾、島津裕行 演出:金澤洪充 作画監督鈴木信吾古田誠、立花昌之

【概要】
御芍神の刃に絶体絶命のクロのもとに空からシロがかけつける。御芍神とスクナは比水の命によりひとまず撤退した。シロは宗像とアンナそしてそれぞれの配下を自室に呼び、黄金の王が死んだことで変革に向けて動き出した緑のクランに対抗するため、青、赤そして白銀の3クランの共闘を呼び掛ける。
【感想】
これまで姿をくらましていたシロについては、何らかの考えがあると承知しつつも、ひとりで石板を守ってきた宗像の静かな怒りに共感してしまう。言い訳をしないシロを本能的に理解して寄り添うネコに安堵させられつつも、本人が自嘲したとおり逃げていたことへのしっぺ返しをいとわなかったほろ苦さがよかった。3クランの共闘があまりにもきれいに描かれていただけに、それだけでは物足りないということ。
セプター4と吠舞羅の果てなき小競り合いに飽きていたところなので、緑のクランとのバトルがどんな結末を迎えるのか気になる。本シリーズはある種の舞台みたいな印象があって、ゆえに命の取り合いのようなシビアな描写は期待できないかもしれないが、それなりの大きなうねりを感じさせてほしいと思う。
★★★