flower in my head

アニメのてきとう感想がメイン。ネタバレあります。

ワンパンマン #05「究極の師」

脚本:鈴木智尋 絵コンテ・演出:吉沢俊一 作画監督:RYU SEUNGCHEOI(DRMOVIE)、澤田英彦

【概要】
趣味のヒーロー活動が知名度に結びつかないことに限界を感じたサイタマは、ジェノスとともにプロのヒーローになるべくヒーロー認定試験を受けることに。体力測定で次々と歴代記録を更新していったサイタマだったが、認定されたランクはジェノスのS級に対して3ランク低いC級だった。体力に対して筆記試験が壊滅的だったとのこと。気を取り直して約束通りジェノスの特訓相手になるサイタマだった。
【感想】
怪人たちに見せた圧倒的な戦闘力を測定の形で示されると、メーターを振り切っていたとはいえサイタマの能力がこぢんまりと見えてくる気がしないでもない。悪い怪人を相手にするときだけ瞬間的にパワーが出るといった設定を想像していたのだけど、そうであればジェノスや阿修羅カブトが向けたいら立ちに面白味がなくなりそう。サイタマの身体能力の秘密は聖域のままであってほしい。相変わらずデタラメなスケールで展開されるジェノスとの組み手を楽しみながらそう思う。
★★★